インベスメント事業

ディールアドバイザリー

投資事業を効果的に運用するため、スタートアップ等を対象とした資金調達、ならびに株式売却(M&A)や株式公開(IPO)によるExitを国内外で対応します。

ディールアドバイザリー

概要

企業成長のためには、外部からの戦略的なリスクマネーの調達が欠かせません。一方、資金供給側は、投資先が企業価値を向上し、適切なリターンを得ることが重要です。
それらニーズに対応するために、主に以下のサービスラインナップを提供しており、いずれもクロスボーダーでの支援が可能です。
・M&Aアドバイザリー
・スタートアップ資金調達支援
・保有株式の売却支援
・株式公開(IPO)支援

提供価値

海外の金融機関やファンドにて幅広い経験を積んだプロフェッショナルが、企業や投資家のニーズに基づき柔軟なサービスを提供します。特に、以下において当社ならではの強みを発揮することが可能です。

投資サービスとの連動

ベンチャーキャピタルやCVCといった、スタートアップ向けの投資サービスと柔軟に連携することが可能であり、投資先の資金調達や株式の売却、事業会社等との戦略的な資本提携などにおいて効果的です。

アジア市場への展開

経済発展の著しい東アジアや東南アジア市場における事業会社や機関投資家との関係を有しており、それら海外資本との提携等を通じて、アジアマーケットに進出することが可能です。

幅広いネットワークへのアクセス

コンサルティング、イノベーション、インベストメントの各事業にて多くの事業会社、金融機関、ファンド、スタートアップとの関係性を構築しており、それらへのアクセスが可能です。

事例

サービス一覧